2006年11月12日

Mt.Fuji 5th Step

富士山、と申せば拙者がはじめてクルマの免許をとってドライブへと向かった思い出の地にて御座候(。-_-。)あぁ〜いと懐かしい

オヤジのクルマを借りて初めて挑んだ県外脱出!初めての高速道路・・・あの時はナニもかもが初々しかったでござるよ(⌒・⌒)ゞハラハラドキドキしっぱなしじゃ

河口湖にてボートに乗って、裾野でテニスに興じて、風穴やら氷穴やらの洞窟探検の後に踏み出した青木ヶ原樹海(゜▽゜;) こっこれがウワサの!?

『あなたのかえりをまっているひとがいる(中略)おもいとどまってください』

なぞと書かれた看板のオンパレードじゃったがの( ̄ェ ̄;)そんな気はもとよりナイぞな、もし!!

そしていよいよ(*`▽´*) スバルラインからいざ富士五合目へ♪

・・・そん時はクルマのキャブレターがこもり出して途中でエンコしちゃったぞな(−”−;)オヤジ、早うインジェクション車へスイッチいたせぇ〜

あえなく退散いたした苦い思い出の残る初ドライブじゃった。

それからまだ観ぬ富士五合目をようやく初めて目の当たりにいたしたンは、チーム午前様(単車仲間)にてツーリングへ訪れた時ぞ(− .−)当時クルマなぞとうぶん買えなかった故に

そん時も、

「エっエンジンがっ!止まるぅ〜!!」

を連呼しながら登ったンじゃわ( ̄◇ ̄;) これまたキャブレター不調!?

「気圧が低いせいか?」

「ううん、寒いせいだよ」

夏じゃと申すのにそこはまるで初冬の寒さ(?)マフラーからは白い煙が出ておったぞな。

「・・・半袖でいるのはアタシ達くらいみたい」

とは某D女史(^ ^;)そんな世間体よりエンストしたチミの単車をどうにかしたまえ!

誰かのマシンがエンストいたすたびにみんなでエンジンの空ブカシをいたして待っている始末じゃったわ。

「オレら、ちょっとガラ悪くね?」

・・・世間体より、まずマシンを止めるでナイとよ(ー’`ー;)


かくかくしかじかの思い出話はこの辺で終劇いたし(⌒・⌒)ゞまた後の講釈で♪

実は拙者、ナニを隠そうさる先週の三連休に超久々な富士紀行へと馳せ参じたのでござるよぅ〜( ̄ ̄ー ̄ ̄)Vいや、隠してなぞはおらぬがの

此度はまだ観ぬ富士の紅葉をばぞんぶんに堪能したしたい!旅にて御座候。

思えば箱根仙石原のススキは観たが、まだ秋の富士は未踏の地じゃったからの・・・

20年も前の拙者とは異なり、今はわびさび風雅を愛でる文化人へと脱皮いたしておる拙者が故に( *  ̄)歳食って

まず訪れてみたかったンはこの春オープンいたしたばっかと聞く、

fuji061104_1.jpgfuji061104_2.jpg


西湖いやしの里根場

日本の原風景を再現いたしたイケテル里村を探訪じゃ(^.^;

どっちかって申すと観光設備的要素が強い復元施設といった感じかのぅ〜?先に訪れた福島県の大内宿なぞとは趣が異なるよって・・・

されど、あいにくの天気(別に雨ってワケじゃなくチと雲が多いだけ)故にせっかくの霊峰富士がよく観えないなりよ( ̄-  ̄ ) んー

さてさて続いては真打ち、“河口湖紅葉まつり”へといざ♪

fuji061104_3.jpg

湖畔に辿り着く頃には、ナニやら空がどんよりいたして参りましたがっ!?( ̄Θ ̄;) 富士は裾野しか見えンばってン

fuji061104_4.jpgfuji061104_5.jpg


紅葉の方も・・・並?( ̄ェ ̄;)

いやいや!富士五湖にその名も高き“もみじ回廊”にかぎっては、まさかそのようなコトはぁ〜

fuji061104_6.jpgfuji061104_7.jpg


・・・。

ようするに、早く来すぎたとな( ̄Д ̄;) が〜ん



夕刻を告げるオルゴールが響く中で、夜のライトアップまで待っておって受けたそのキズを殊更ひろげるコトもナイと悟り・・・不毛の河口湖を後にいたしたぞな。

それにいたしても、ココまで富士山が拝めぬ富士紀行とは記憶にござりませぬ!

拙者、ナニやら意地でもその御姿を一目観てから帰りとうなったわ(ー_ーゞもはや紅葉なぞ二の次じゃて

祈るように床についたその翌朝(べつにこの三日間、天気は悪くなかったンじゃが)朝日はいと神々しく登り、霊峰富士がほれ♪そこにぃ〜ヽ( ̄▼ ̄*)ノおぉ!

拙者迷わず、いちもくさんに思い出のスバルラインへと向かったでござるよぉ〜

fuji061105_1.jpg

五合目にいたってやっと拝めた富士山(*^▽^*)ほんに美しかったぞな♪

fuji061105_2.jpgfuji061105_3.jpg


思い出の中に眠る富士五合目とはチと違って(いつのまにこんなにオシャレになったんじゃ?)、時の流れを感じてやみませぬ(´〜`ヾ)逆に新鮮じゃ

fuji061105_4.jpg

ナント道産子(在来種の馬)に乗って登山道をばカポカポ巡るコトも出来まするぞな(*`▽´*)これが拙者にとって初めての乗馬体験じゃったわ♪

埼玉よりは晴れた日にいつも遠く望める富士なれども、近づけばほれ!その姿まさに天を突く威容を誇る・・・世界に冠たる霊峰じゃのぅv( ̄∇ ̄)v

・・・また、いつの日か(次回は山頂を目指そうかの)。


ではでは〜☆☆



posted by くちぶえ at 13:28| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記で…ららら。 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
ほんにわらわも訪れた事の有るその昔とはまるでおもむきが変わって、すっかりおしゃれチックというか観光チックに成ったものよなあ。昔はどちらかと言うともちっとばばっちかったぞな。

チーム午前様の話も久々に登場じゃな(-m-)ぷぷっ
Posted by めぐ at 2006年11月12日 22:39
拙者も此度は10年ぶりくらいに訪れたンじゃが当時の面影がアリマセヌ( ̄  ̄!)
これはあれ、世界遺産への登録に向けた布石ではアルマスマイカ?ナンでも富士山はゴミの山じゃと国から推薦を断られておるそうな。

めぐ殿、ようおぼえておるのぅ〜♪
チーム午前様の武勇伝はまだまだ続きますぞえ( ̄ー ̄)vもっと聞きたいかや??
Posted by くちぶえ at 2006年11月12日 23:22
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。